お静かに背骨が絹を吐くところ くんじろう

「川柳カード」13号より。
誰もが自分のことばかり騒いでいて、肝心なことに気づいていない。
それでも中には冷静に事態を把握している人がいて、あれを見てごらんと言う。
けれども、それがどうしたという感じで、騒ぎつづけるのだ。
「痒みに耐える背もたれのない椅子で」

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です