沈下橋

怖がりを拒んでやるぜ沈下橋    山田ゆみ葉

今年4月に開催された「川柳木馬創立35周年記念大会」の際、高知旅行の吟行句。
「四万十紀行」10句のうちの一句。
「沈下橋」は増水時には水面下に沈む橋。
欄干がないので、高所恐怖症の者にはさぞ怖いだろう。
各地にあるが、四万十川に多く、生活文化遺産になっている。
似たものに「流れ橋」があり、増水時には橋桁が流れてしまうので、
流木などに堰き止められることが少ない。
京都府の木津川に有名な流れ橋があり、時代劇のロケによく使われるらしい。
木馬大会の記憶もずいぶん遠くなったような気がする。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です