初句会

昨日は「ふらすこてん」初句会に参加。
「ふらすこてん」31号と「川柳・北田辺」39号をゲット。
三人選の選をさせていただく。
「太陽」という兼題で、筒井祥文・兵頭全郎・私の三人による共選と同時に
出席者全員も選をし、高得点順に句評をしてゆく。
改めて思ったのは、人によって句の受け止め方がちがうものだということ。
一句はいろいろに読めるが、どの読みをすればその句が一番おもしろくなるか、
というようなことを考えた。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です